勾玉

古代より勾玉は魔除けの石・招運の石として、身に付けられてきました。
江戸時代でも一般庶民のの間ではあまり知られていなかったようですが、
知識人のあいだでは、愛用され身につけられてきたようです。

オランダ人医師シーボルトも興味を持ち、勾玉を研究し、著書「日本」に
<教養ある日本人が好んで思いをはせるもの>と書き出しに記しています。

このように悠久たる期間を人々に不思議な魅力とパワーを与えてきたのが勾玉なのです。

勾玉の大きさ Mサイズ 30mm(丸頭の先からとがった先まで)
       S サイズ 20mm(   〃  )
       SSサイズ 15mm(   〃  )        
17