進物用お線香

「香りを供える とは 供養すること 心を供えること」

ご仏前にお供えするにも、
あるいは、亡き人に供えるにも、相手をイメージしながらこれなら喜んでいただけるであろう香りをぜひ選んでくださいね。

【御霊前と御仏前】
故人を偲んで、49日間ご供養を続けられますが、野辺送りを終えていよいよ故人の魂も彼岸に渡られます。

このときまでは御霊前。以後はご仏前というのが一般的です。

ご進物にお使い頂きやすいように紙箱、桐箱、漆箱など価格、香りベース、内容量などご用途に応じてたものをセットしてご用意しています。
16